日本版『50回目のファーストキス』レビュー ~リメイクしたことの意義 オリジナルとの徹底比較~

◆基本情報 ①日本版 ・2018年6月 公開 ・監督 福田雄一 ・脚本 福田雄一 ・出演 山田孝之、 長澤まさみ、 ムロツヨシ、 佐野史郎、 太賀 ②アメリカ版 ・2005年6月 日本公開 ・監督 ピーター・シーガル ・脚本 ジョージ・ウィング ・出演 アダム・サ…

『ビューティフル・デイ』レビュー ~原題が意味する悲しさと邦題の持つ救い~

◆基本情報 ・原題『YOU WERE NEVER REALLY HERE』 ・制作国 イギリス、アメリカ、フランス ・2018年6月 日本公開 ・監督 リン・ラムジー 脚本 リン・ラムジー ・出演 ホアキン・フェニックス、 エカテリーナ・サムソノス、 ジュディアス・ロバーツ、 ダ…

『笑う故郷』レビュー ~芸術の不確かさ 皮肉るという行為を通じて~

◆基本情報 ・原題『EL CIUDADANO ILUSTRE/THE DISTINGUISHED CITIZEN』 ・2017年9月 日本公開 ・監督 ガストン・ドゥブラット、 マリアノ・コーン 脚本 アンドレス・ドゥブラット ・出演 オスカル・マルティネス、 ダディ・ブリエバ、 アンドレア・フ…

近年のピクサー映画の続編傾向と結末の“苦み”について

私のオールタイムベスト10のひとつにピクサー映画の『ウォーリー(2008)』があります。この作品は、環境問題提起のSF作品であると同時に、最上級の恋愛映画でもあります。 恋愛映画というジャンル自体、実写で掃いて捨てるほど多くの作品が毎年作られ…

『キングアーサー』レビュー ~作品の歪な面白さと興行成績、二つを天秤にかける~

◆基本情報 ・原題『King Arthur:Legend of Sword』 ・2017年6月 日本公開 ・監督 ガイ・リッチー 脚本 ジョビー・ハロルド、 ガイ・リッチー、 ライオネル・ウィグラム ・出演 チャーリー・ハナム、 ジュード・ロウ、 ジャイモン・フンスー、 アストリ…

『夜明告げるルーのうた』レビュー ~和解の瞬間に訪れる感涙 アニメーションだからできたこと~

◆基本情報 ・2017年5月 公開 ・監督 湯浅政明 脚本 湯浅政明、 吉田玲子 ・出演(声優) 谷花音、 下田翔太、 寿美菜子、 斉藤壮馬 ◆あらすじ 東京から港町の日無町に移り住んできた足元カイ(下田翔太)は、内向的な性格から生活に馴染めないでいた。…

『おとなの事情』レビュー ~虚構の中でしか生きられないおとなたち~

◆基本情報 ・原題『PERFETTI SCONOSCIUTI』 ・2017年3月 日本公開 ・監督 パオロ・ジェノヴェーゼ 脚本 パオロ・ジェノヴェーゼ、 フィリッポ・ボローニャ、 パオロ・コステッラ、 パオラ・マンミーニ、 ローランド・ラヴェッロ ・出演 ジュゼッペ・バ…

『スウィート17モンスター』レビュー ~“痛さ”の先にある自立の物語~

◆基本情報 ・原題『THE EDGE OF SEVENTEEN』 ・2017年4月 日本公開 ・監督 ケリー・フレモン・クレイグ 脚本 ケリー・フレモン・クレイグ ・出演 ヘンリー・スタインフェルド、 ヘンリー・ルー・リチャードソン、 ブレイク・ジェナー、 キーラ・セジウ…

自分の話をしようと思う。また、ブログのタイトルについて。

自分の事を語るのが苦手だ。気恥ずかしいのと、人に自慢できるような人間じゃないという自覚があるからです。 まずは、自分がこのブログを始めた理由に遡る。 いろんな映画を観るうちに、膨れ上がる想いがありました。「こんな解釈もできるんじゃないか」「…

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』レビュー ~なぜ、この町が舞台に選ばれたのか~

◆基本情報 ・原題『MANCHESTER BY THE SEA』 ・2017年5月 日本公開 ・監督 ケネス・ロナーガン 脚本 ケネス・ロナーガン ・出演 ケイシー・アフレック、 ルーカス・ヘッジズ、 ミッシェル・ウィリアムズ、 カイル・チャンドラー ◆あらすじ ボストンで便…

『ローガン』原題『LOGAN』レビュー ~彼はヒーロー足り得たのか~

◆基本情報 ・2017年6月 日本公開 ・監督 ジェームズ・マンゴールド 脚本 ジェームズ・マンゴールド、マイケル・グリーン、スコット・フランク ・出演 ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、ダネフ・キーン ◆あらすじ ニュータントが生まれな…

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』レビュー ~ 邦題の示唆するもの メタファーに彩られた世界観~

◆基本情報・原題『Demolition』 ・2017年2月 日本公開 ・監督 ジャン=マルク・バレ 脚本 ブライアン・サイプ ・出演 ジェイク・ギレンホール、 ナオミ・ワッツ、 クリス・クーパー、 ◆あらすじ ウォール街のエリートだったデイヴィス(ジェイク・ギレン…

『鑑定士と顔のない依頼人』原題『LA MIGLIORE OFFERTA』レビュー ~真贋の選択 技巧の影に隠された意図~

◆基本情報 ・2013年12月 日本公開 ・監督 ジュゼッペ・トルナトーレ 脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ ・出演 ジェフリー・ラッシュ、 シルヴィア・フークス、 ジム・スタージェス、 ドナルド・サザーランド ◆あらすじ 凄腕の美術品鑑定士として知られて…

『シング・ストリート 未来へのうた』原題『Sing Street』レビュー ~理想の実現、その限界点~

◆基本情報 ・2016日本公開 ・監督 ジョン・カーニー 脚本 ジョン・カーニー ・出演 フェルディア・ウォルシュ=ビーロ、 ルーシー・ボーイントン、 ジャック・レイナ―、 ベン・キャロラン、 マーク・マッケンナ ◆あらすじ コナー(フェルディア・ウォルシ…

『17歳のカルテ』原題『Girl,Interrupted』レビュー ~彼女と世界の境界線~

◆基本情報 ・2000年日本公開 ・監督 ジェームズ・マンゴールド 脚本 ジェームズ・マンゴールド、 リサ・ルーマー、 アンナ・ハミルトン・フェラン ・出演 ウィノナ・ライダー、 アンジェリーナ・ジョリー、 ウーピー・ゴールドバーグ ◆あらすじ 18歳に…

『ヴィジット』原題『The visit』レビュー ~特効薬の力 ホラーがもたらす効用~

◆基本情報 ・2015年日本公開 ・監督 M・ナイト・シャマラン 脚本 M・ナイト・シャマラン ・出演 オリヴィア・デヨング、 エド・オクセンボウルド、 ディアナ・ダナガン、 ピーター・マクロビー、 キャサリン・ハーン ◆あらすじ ベッカ(オリヴィア・デヨン…

『セッション』原題『Whiplash』レビュー ~天才の完成 最終場面の解釈を巡って~ 

◆基本情報 ・2015年日本公開 ・監督 デミアン・チャゼル 脚本 デミアン・チャゼル ・出演 マイルズ・テラー、 J・K・シモンズ ◆あらすじ 全米一の名門音楽学校に入学したアンドリュー(マイルズ・テラー)は、そこで随一の指揮者フレッチャー(J・K・シモンズ)…

『ドント・ブリーズ』原題『Don't Breathe』レビュー ~倫理と金の物語~

◆基本情報 ・2016年日本公開 ・監督 フェデ・アルバレス ・脚本 フェデ・アルバレス、 ロド・サヤゲス ・出演 ジェーン・レビィ、 ディラン・ミネット、 ダニエル・ソヴァット、 スティーブン・ラング◆あらすじ 盲目の老人宅に大金があることを知った若者三…

『ブルックリン』原題『Brooklyn』レビュー ~社会を生き抜くことの代償~

◆基本情報 2016年日本公開 ・監督 ジョン・クローリー ・脚本 ニック・ホーンビィ ・出演 シアーシャ・ローナン、 ジム・ファレル、 トニー・フィオレロ ・配給 20世紀フォックス ◆あらすじ アイルランドの田舎町でくすぶっていたエイリッシュ(シアー…

『きっと星せいじゃない』原題『The Fault in our star』レビュ― ~途中で終わった物語とは~

◆基本情報 ・2014年日本公開 ・監督 ジョシュ・ブーン ・脚本 スコット・ノイスタッター/マイケル・H・ウェバー ・出演 シェイリーン・ウッドリー アンセン・エルゴート ・配給 20世紀フォックス ◆あらすじ ヘイゼル(シェイリーン・ウッドリー)は末…

『ドクター・ストレンジ』原題『Doctor Strange』レビュー ~別の生き方とは~

◆基本情報 ・2016年1月日本公開 ・監督 スコット・デリクソン 脚本 スコットテリクソン、C・ロバート・カーギル ・出演 ベネディクト・カンバ―バッチ ・配給 ディズニー ◆あらすじ 傲慢だが、天才的な技術をもつ外科医のストレンジ(ベネディクト・カン…

「クリード チャンプを継ぐ男」レビュー ~世間の視線と自分自身~

◆基本情報 2015年日本公開 ・監督 ライアン・クーグラ ・脚本 ライアン・クーグラ アーロン・コヴィントン ・出演 マイケル・B・ジョーダン シルベスター・スタローン ・配給 ワーナー・ブラザーズ ◆あらすじ 伝説のボクシングヘビー級チャンピオン、ア…

『6歳のボクが、大人になるまで。』 原題『BOYHOOD』 ~構成美で語る、大人になるとは~

本ブログ初のレビューは、2015年のアカデミー賞作品賞にノミネートした『6歳のボクが、大人になるまで。』です。 できるだけわかりやすく独自見解を発表します。 ◆基本情報 2014年日本公開 ・監督 リチャード・リンクレーター ・脚本 リチャード・…

映画レビューブログです。

この度映画レビューを始めたした。 中学時代から映画にハマり、結構な数の作品を観てきました。そこで鑑賞しての感想や批評を誰かに発信したいと思い、本ブログを始めました。 比較的新しい作品を中心に記事を書きたいと思っています。また、なるべく分析的…